施術で気を付ける

気を付けることはあるのでしょうか

舌側矯正は歯科矯正の一種で、舌側(歯の裏側)から矯正するものです。この矯正方法において、気を付ける点について説明します。 舌側矯正は歯の裏側からの矯正になるので、物を食べる際は注意が必要です。赤ワインやカレーなどは、矯正装置に色が付きやすいので、気になる方は食べないようにするか、交換時期が近い日に食べるようにしましょう。また、硬いものを食べる際は、小さく切って食べやすくしてから食べるようにしましょう。お餅やキャラメルなど、歯にくっつきやすい食べ物も食べる時も注意が必要です。 矯正中は、口腔内を清潔に保つようにしましょう。口腔内が不衛生になると、歯茎が腫れてしまい、歯が動きにくくなってしまうことがあります。よって、治療期間が延びてしまうことがあります。

知っておくべきことは何でしょう

舌側矯正をする前に、知っておくべきことはあるのでしょうか。 歯科医院の選び方は大切です。これは、矯正が年単位で行われる長い治療になるからです。相性もそうですが、舌側矯正のメリット・デメリットをきちんと説明してくれる医師を探しましょう。また、矯正歯科学会の認定医がいることを知っていますか。できれば、この認定医である先生を探しましょう。 さらに、矯正期間中に引っ越すことはありませんか。もし、引っ越す可能性があるのであれば、引っ越し先でも治療を続けて行えるかなど検討しておきましょう。 もう一つ大事なことですが、顎関節症など顎の病気は大丈夫ですか。もし、顎の病気がある方は、その治療を行い、矯正中もフォローしてくれる先生を選ぶ必要があります。