保険の適用

歯列矯正の費用の相場

矯正歯科での歯列矯正は、健康保険が適用されないため、すべて自分負担となります。そのため、歯列矯正は費用が高額になるのが一般的な常識です。 一番高い治療費用がかかるのが「裏側矯正」です。舌側矯正ともいいますが、歯の裏側に矯正装置をつけて歯ならびを整えていく治療法で、費用は高いと150万円くらいする場合もあります。どこの矯正歯科クリニックを見ても、100万円は下ることがない矯正です。 逆に一番手頃なのが金属製のブラケットとワイヤーを使うメタルブラケット矯正です。メタルブラケット矯正は「歯の矯正」といったら真っ先に思い出す、一番有名な矯正装置です。ギラギラ目立ちやすいのが欠点ですが、治療費は60万円くらいでできるので歯列矯正としてはお手頃です。

装置によって違う矯正治療費の傾向

目立たない矯正法には、裏側矯正の他にマウスピース(クリアアライナー)矯正もあります。マウスピース矯正は上下セットで40万円くらいでできる治療です。しかし、治療が向いている歯が限られていて、だれでも望めばできるわけではないのが欠点です。 矯正歯科クリニックでは矯正にかかる矯正費用の他に、矯正前の検査料として5万円前後、そして矯正中は通院するたびに一回5000円〜8000円くらいの医療費がかかります。通院する回数やタイミングは個人によって異なりますが、矯正期間が長くなるとそれだけ通院する回数が多くなり、医療費もかさんでいきます。 矯正歯科クリニックによってはデンタルローンが組めたり、クレジットカードが使えたりするところもあります。